シニア婚活の現状

団塊世代やバブルを経験されたいわゆるシニア世代の方々の婚活がにわかに活発になり始めています

子育ても落ち着き、いよいよこれから二人の時間を楽しむはずが、ボタンの掛け違いやちょっとしたことから

シングルになってしまい、ずっとそのまま一人で人生を終えて良いのか?

と考えた時に、人生の終盤は心穏やかに過ごせる方と一緒になりたいと思うようです

そんなシニア層の方々の婚活について書かせて頂きます。

シニアの方々が結婚相手に求めるもの

男性:人生の充実感が欲しい

シニア世代の男性は結婚願望がない方も50%近くの方がいますが、約40%の方は

『恋愛がしたい』か『結婚したい』と思っておられます。

その中では事実婚や同棲相手が欲しい・恋人が欲しいと言う方も多数いますが

経済的にも余裕のある方が、第二の人生を考えられる事が多いので

シニアの方でもお子さんが欲しい方も割といる事には驚きました。

女性:安心・信頼を求めている

シニア層の女性は男性ほど結婚願望は高くないものの、約30%の方が相手が欲しいと言う結果でした

女性の場合は将来的な経済的な不安を払拭し、将来の安心を求めてのお相手探しが多いようです

あとはやはり一人では寂しいと言う理由もありました。

シニア婚活のお相手選びはどんな人を選ぶ?

シニア層の方ほど、価値観、金銭感覚、食事の好みなどの相性を重視している傾向にあります

人生の終盤を一緒に生活するパートナーとは心地よい時間を共有したいと言う想いが強い傾向にあります

シニア層の出会いはどんな形があるか?

1、婚活パーティー

不特定多数の方と一度に話す事ができ、若年層の婚活パーティーよりも参加者の方の

真剣度が高い為、マッチングしやすい傾向にありますが、成婚率は割と低い。

2、婚活アプリ

今や年齢層別のアプリは多数あります、大人数のパーティーはちょっと苦手と言う方でも

手軽に始められアプリに登録されてるシニア層の方も増えていますが、若年層の方同様で

アプリ利用者は目的が様々で単純に出会いが目的で将来のパートナーを求めてる方ばかりでは

ないので、成婚率は低い。

3、友達・知人のご紹介

お互いの事を理解されている方のご紹介なので、良い方を紹介してもらえれば成婚率は

高いと思いますが、その良い方との出会いはなかなか難しい印象です、あともしお断りをする場合

ご紹介者の事も考えてたち振る舞わないといけないリスクがあります

4、趣味を通じての出会い

共通の習い事や、サークルなどで知り合う方はお付き合いするまでにお相手の方の事を

理解した上で交際が始まりますので、比較的成婚率も高いようですが、交際が終了してから

の事を考えると、気軽に交際へと発展しずらい傾向にあるようです

5、結婚相談所での活動

成婚率を考えると、1番高いと言えるでしょう、不特定多数の異性と会え

ルールの元活動されるので、安心・安全に出会いがあり、もしお相手が合わない場合でも

簡単に交際を終了し新たな出会いを求める事ができる、1番は一人一人に担当者が付き交際のアドバイスを

してもらえる事が成婚率の高さでしょう。

まとめ

今回はシニア層の婚活の現状について書かせて頂きました、人生まだまだこれからと思われている

シニア層の方の少しでも参考にして頂けましたら嬉しいです

結婚相談所を運営している者として、実際リアルな現場でもかなりのシニア層の方々が人生の終盤の

パートナーを探されて活動されていますので、なかなか出会いがなくて諦めていた方やどんな活動をすれば良いのか

悩まれていた方の少しでも、参考になればと思います。

これからの人生をもっと自分らしく生き生きと生活して頂く為に行動してみてください

応援しています。

この記事を書いた人

nadeshiko-wedding

名古屋を中心に婚活支援して
少子化問題に少しでも貢献出来るよう活動しています!