家庭環境が違う人と結婚できない?

結婚とは当人同士の気持ちも必要ですが、新郎・新婦両家の問題も必要となってきます

育った家庭環境が問題で結婚出来なかった方はたくさんいると思います

なぜ家庭環境が違うからと言って結婚が許されないのか?

当人同士の気持ちが通じ合っているのに、家族が認めてくれない結婚をして幸せになれるのか?

非常に難しい問題だと思いますが、僕個人的な意見としては本人同士の意見を尊重してあげたいとは思いますが

あまりにも環境が違いすぎるカップルはハードルも高いです

これから婚活をする方必見です、育った環境が違うカップルの問題点をいくつかご紹介させて頂きますので

交際する前、交際中にしっかりと見極めてみてください

金銭感覚の問題

家庭環境の違いで1番大きく関わってくることが金銭感覚でしょう

金銭感覚は生活する上で重要な問題です、良い家庭で育った方でも無駄な物を買わずに育てられた方もいれば

欲しい物はなんでも買い与えられた方もいますし、本当に育った環境によって金銭感覚は人それぞれです

普段食事で食べる物から外食するお店、普段着る服、毎月の生活費など

自分が結婚生活でどのような生活スタイルを送るのか?

交際してからのデートでしっかり見極めて色々と話し合って感覚が近い方とのご縁を大事にしてください

食生活

こちらの問題も毎日の事なので重要です

育った環境によって食事のマナーなど色々と目に着くところは多々出てくると思います

箸の持ち方からフォーク・ナイフの使い方など厳しい環境で育った方とあまり厳しく言われずに

育った方でも違いますし、好き嫌いが多い方、好き嫌いが何もない方でも違います

結婚当初は多少の事は許せていても、ずっと一緒に生活する中で小さいストレスが溜まっていくケースも

多いので交際中のデートでの食事は非常に重要です

子供の教育

将来子供が出来て育てていく中で育った環境が違う夫婦が直面することに子供教育があります

甘やかされて育った方か厳しい環境で育った方かでも違いますけど

小さい頃から私立の一貫校で育ったのかそうでないのかでも違います

自分が育った環境と同じ環境で育てて行きたいと思っていてももし反対されれば、

自分の行き方や両親の事を否定されているように感じてしまいます

教育の部分でもしっかり話しをして相手の考えなどはしっかりと確認しておいた方が良いでしょう

人間性・価値観

育った環境で人間性・価値観は大きく違います

今まで生きてきた中で関わった、家族・友達・職場の関係者などその人がどこに重視しているかで

生活のスタイルは変わります、人間性を見て魅力的に感じる人もいれば、交友関係も少なく魅力が低く感じてしまう人もいます

人と人との繋がりの価値観が違うだけでその人の生き方にもついて行けなくなります

バランスの取れている方なのかそうじゃないのかを見極めることも重要です

しきたり・地域性

育った環境によって、家族親戚との付き合いを大事にする家庭なのかそうじゃないのかでも

大きく違います、幼少期から親戚づきあいのない環境で育った人なら、定期的に大型連休では集まることが

当たり前でもそんな行事毎で集まる事がない環境の人からすると苦痛でしかありません

大人数での集まりが得意じゃない方からすると理解出来ない事でもあるのです

まとめ

今回は家庭環境の違う方同士の結婚についての注意点をご紹介させて頂きましたが

どれを取っても、感覚が合わなければ結婚生活を送る事は難しい事ばかりです

これから婚活する方は交際中に上記の事を注意しながら、お相手の方と結婚して本当に生活をしていく事ができるのか?

結婚して幸せになれるのかを見極める必要があります

結婚相談所で活動される会員様にアドバイスをしている事を少しご紹介させて頂くと

デートのプランで2人が無言になって集中しないといけない所へは極力行かない事をオススメしています

勿論、2人の関係性にもよりますが、せっかくお互いが忙しい中、時間を調整してお会いするのに

お互いの事も話さずに無言で映画を見たり、観劇したりするのはあまりオススメしていません

お付き合いも長ければ話しは別ですが、、、

せっかくお会いするなら食事をしたりお茶をしてお互いの結婚観などについてしっかりとお話しする事を

オススメします

幸せになる為にしっかりとお相手の事を見て感覚が自分と近いのか見定めてください

この記事を書いた人

nadeshiko-wedding

名古屋を中心に婚活支援して
少子化問題に少しでも貢献出来るよう活動しています!