成婚ストーリー  Vol 2

今回ご紹介させて頂く成婚者の方は30代中盤女性の方です

活動期間は1年8ヶ月交際期間3ヶ月での成婚となった彼女も最初は活動に対して本当に結婚出来るか

不安を抱えた状態で婚活をスタートされました、僕が元々知人の友人と言う事で面識もあったので活動はすぐに

決断をしてくれたものの、彼女の中でも複雑な想いもあって不安を感じる事があったのでしょう

綺麗な顔立ちの彼女は入会当初からお見合いのお申し込みはかなりあって、お見合いはするけどなかなか良い交際には

発展せずに月日が流れ、その間彼女の婚活へのモチベーションもかなりダウンするのも感じました

理由も明確です、結婚相談所で活動をする方に良くある事ですが

申し込む人とはお見合いがなかなか組めず、申し込んでくれる人には会いたくない現象です

どーしても最初は色々な条件で相手探しをしてしまう傾向にあったのです

色々とアドバイスをして少しずつ彼女の中にも変化が見えてきたのですが、、、

ただどんな状況でも、僕との連絡はマメにくれていて彼女の心境の変化は僕自身も分かっていたのでサポートは

しやすい会員様でしたし、僕も付き合いが古い分どーしても彼女には幸せな結婚をして欲しいと強く思っていました

ちょうど活動も約1年が過ぎた頃でした

新型コロナウィルスによる緊急事態宣言発令に伴い仕事の減少です、彼女も仕事柄その煽りをもろに受け

職を変えざるを得ない状況に追い込まれたのです

彼女の中でも物凄く葛藤があったと思いますが、そんな状況でも彼女は諦めなかったのです

「今は自分の生活が落ち着くまで活動は今まで通り出来ませんがもう少し落ち着いたらまた絶対頑張ります」

力強く僕にそう話してくれた事は一生忘れる事のない出来事でしたし彼女が活動を通じて人として成長してくれて

いたと実感出来る出来事だったんです!

どちらかと言うと、活動当初は結婚相談所での活動を簡単に考えていたところがあって、そんなに結婚の意識の高い

男性ばかりいるならすぐ結婚出来るのでは?と思っていたと思うのですが、いざスタートしてみるとなかなか難しい

ので、何度も何度も相談の電話をもらいました、本当に2人3脚で頑張ってきた気がします

でも今回の新型コロナウィルスによる転職は正直どうしようもありませんでした

活動自体も休会まではしないにしても、2ヶ月くらいはペースを落として頑張られていましたが

その間も就職先がどんな感じになりそうとか、友達が結婚したから私も幸せになりたいなど

色々な相談を日々する中で彼女自身の結婚に対する気持ちがどんどん変わっていくのも感じました

新しい仕事も落ち着いてきた頃に彼女から、プロフィール写真の撮り直しの話しをされたのも

大きいポイントの一つでした、活動初めて数ヶ月がたった頃から僕の方からは提案していたのですが

全くお見合いが組めてないわけではないからと言う理由で踏み出せれなかったのですが

新型コロナウィルスによる様々な生活スタイルの変化と共に、彼女のやる気をさらに加速させ

活動に対しての向き合い方が変わりましたね

そーなると、相手の求める物も変化が見え始め、お見合いする男性もどんどん変わっていきました

そこからは早かったですね、活動をスタートさせた当初では見えなかった物が見えるようになり

幸せな結婚はどんな人と一緒になる事なのか?

本気で考えたから選ぶ人のポイントが変わってきたのです

そこで巡り会えたのが、成婚退会された彼だったんです

本当に真面目で優しく一生懸命色々と気遣ってくれるのですが、口下手なのに彼女に対しては

本当に誠意を持って接してくれて、でも男らしい一面も見せてくれる彼が彼女の中では

本当に居心地が良かったそうです、もし活動をスタートしたばかりの頃だったら

お見合いしていたかもわからないけど、色々とあって彼との出会いが人生を変えてくれたそうです

「あなた自身が変わったから今が幸せなんだよ」

僕は常にそんな事を彼女に話していました、幸せを感じるポイントは人それぞれ違います

まずはそこを追求できた事、活動当初は条件が満たされてないとお見合いすらしなかったのに

会ってみて人柄を重視するようになって本当に幸せを手にしたと思います

本当におめでとうございます

この記事を書いた人

nadeshiko-wedding

名古屋を中心に婚活支援して
少子化問題に少しでも貢献出来るよう活動しています!